平成25年度対モルドバ草の根・人間の安全保障無償資金協力「ソロカ地区病院における医療機材整備計画」引渡式の実施

           
                                                                                                                             (生化学アナライザー)

                                           
 
 
 2017年4月19日,好井大使はソロカ地区を訪問し,平成25年度対モルドバ草の根・人間の安全保障無償資金協力「ソロカ地区病院における医療機材整備計画」の引渡式を実施しました。本件支援額は103,736米ドルで,ソロカ地区唯一の総合病院に超音波診断装置,上部・下部内視鏡,血液検査装置等計8台の医療機材を供与したものであり,ソロカ地区住民約10万人が裨益するプロジェクトです。

 引渡式にはソロカ県知事,ソロカ市長が出席したほか,病院・マスコミ関係者など約80名が集まりました。同式典では,日本からの支援により,検査の精度が著しく向上するとともに,検査時間の短縮が可能となる等,本院の医療サービスを向上することができたとの感謝の言葉が幾度となく述べられました。