(感染症広域情報)水際対策強化に係る新たな措置(22)オミクロン株に対する水際対策強化(3)

2021/12/10
1.12月9日の新たな日本政府の発表により、12月10日午前0時(日本時間)より、過去14日以内にデルタ株等のオミクロン株以外の変異株による待機指定国・地域に滞在歴がある帰国者・再入国者等について、日本政府が認めるワクチンの接種証明書の有無に関わらず、検疫所が確保する宿泊施設での3日間の待機が免除され、自宅等で14日間待機することになります。
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdf2/1209_22.pdf
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdf2/1209_list.pdf
 
2.上記1の解除措置は、今後の感染状況を受けて急に変更される可能性があります。近日中に日本への渡航を予定している方は、急な変更が行われる可能性に十分にご留意のうえ、最新の状況を把握するよう心がけてください。